Tarde, De Tu Lado

連休後半

日記

先日24日はシーバードでライブでした。
お越しくださいました皆様、ありがとうございました。
個人的には反省点山盛りですが、久しぶりのジャズを楽しく演奏することが出来たので、全体的にはとても満足しています。
半年振りにジャズをやった感想は「やっぱり、ジャズは難しいね~」というものでした笑
まぁ今後もジャズとはゆったりと付き合っていきたいです。

連休中はこのライブを含め、ガット(ブラジルもの)、フルアコ(ジャズ、ノイズ)、トレス(キューバ)を弾きまくるというなんとも充実したものとなり大満足、お腹一杯。
トレスは憧れのMuchoさんの初レッスンがあってもう最高でした(ただでさえ演奏者人口の少ないトレスが5人も揃ったんですよ。いるもんですねトレス奏者って笑)。
トレスは普段ギターで弾いている弾き方とは全く違うので大変ですが、本物のトレセーロになるべく精進します。

連休の合間にやってきた台風以降すっかり涼しくなりましたね。不覚にも体調を崩してしまいました。
それにしても、今年の夏は色々と感慨深いものだったな~。
自分自身の演奏に目を向ければ、プロジェクトFUKUSHIMA!以降、演奏をするにあたり良い意味で身体の力を抜けるようになった。(あの夏の日の猛烈な太陽の日差しと会場中に満たされた音の洪水による影響でしょうね。あの夏の日の体験は私の演奏に確実に良い影響を及ぼしております。何しろ今まで弾いていたGodinのガットギターに限界を感じ、新しいギターを探すことになったのですから。スゴいですよ。今度のギター。)個人的にこれは大きな進歩だと思っていて、この感覚をなんとか恒常的なものとして獲得しようと励んでおります。

そういえば24日のオーケストラFUKUSHIMA! in 水戸は大盛況だった模様。
Twitterやら何やら見ていて正直羨ましかった。
前述の日記の通りオレはシーバードライブの為今回は参加出来ませんでしたが、次回10月23日の吉祥寺にはなんとしても参加したいです。