Tarde, De Tu Lado

ProfesorとDual Source

日記

少し前の話ですが、「Juan Hernandez Profesor CUT」という新しいクラシックギターを購入しました。
ギターを買うのはこれで打ち止めかなぁ。(カヴァキーニョはギターじゃないからカウントされないよね?)
今回もTOPは杉。松の方も弾いてみたのですが、やっぱり杉の方がしっくりくるんですよね。
お店の人にお聞きした所、「Profesor CUT」でTOP材が杉のものは割と珍しいようです。

前回もそうだったのですが、この「Profesor CUT」にもピックアップは付いていません。
という訳で、某オンラインショップでLR BaggsのDual Sourceを購入しました。
取り付け加工は今回も田園調布のロールアップさん。
買った時に弦高の高さが若干気になったので、今回はそちらの調整もお願いしました。

さてさて肝心のDual Sourceですが、第一印象は出力が弱い。弱すぎる。
※今回購入した端子そのものが悪かった模様。ちょっとガッカリだぜLR Baggsさん。
それから、コンデンサーマイクはともかくピエゾのハウリングも気になる。
もっとも、このハウリングについては原因を特定出来そうなので割と楽観視しています。
今後色々と実験をしていく予定。

前回購入したElementが素晴らしかっただけに今回も期待していたのですが、今のところ微妙な感じです。