レコーディング

日記

レコーディング

先日は某所でレコーディングでした。
※公開OKになるまで一応伏せておきます

今回のレコーディングではLa Familia Valera Mirandaのお父さんに譲っていただいたトレスを使用。
サンティアゴの思い出がようやく日の目をみたのでした(感涙)

実は久しぶりにこのトレスを弾いたのですが、やっぱり良い音してます。
瑞々しい演奏も情熱的な演奏も、このトレスなら余すことなく表現できるでしょう。
ネックがデコボコだったり、ブリッジがボロボロだったり、弦と弦の幅がちょっとズレてたりするけれど、だからこそこういった音が出るのかなとも思います。
とはいえピッチがだいぶエキサイティングなので使いどころに悩みますが笑、tumbao主体であれば誤魔化しつつやっていけそうなので次の機会を探したいですね。